盗撮・のぞき動画を安全・安心・快適に満喫する方法〜盗撮アダルト動画サイトのススメ

盗撮はj犯罪!

スカートの中

今のところ盗撮行為自体を取り締まる法律はありません。
しかし、パンチラを 撮影したり、赤外線で盗撮すれば、都道府県で定められた迷惑防止条例、カーセックスなどや更衣室、、お風呂などを覗いたり、撮影すれば、軽犯罪法違反、公衆トイレ、公衆浴場などににカメラを仕掛ければ、建造物侵入罪、所属する会社などにカメラをしかrければ、背任罪、と必ず何らかの罪に問われます。

 

では、盗撮した倍、どれくらいの刑罰が、課されるののでしょうか?

 

スカートの中の盗撮した場合に適用される、迷惑防止条例。
東京都の場合、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金。常習者の場合、2年以下の懲役または100万円以下の罰金。
迷惑防止条例は年々厳しくなる傾向にあり、海水浴場で水着の女性を撮影、高校の文化祭でチアダンス中の女子高校生を撮影しても、性的欲求を満たす盗撮だと判断されれば、逮捕されます。

 

お風呂やトイレを盗撮した時に適用される軽犯罪法の規定は、30日未満拘留、1万円未満の罰金。
ただし、通常公衆浴場、公衆トイレにカメラをしかければ、建造物侵入罪に問われますので、3年以下の懲役または10万円以下の罰金となります。

 

更に、場合によっては、盗撮された人間が、慰謝料、損害賠償などの民事上の訴訟を起こされることすらあります。

 

刑罰が軽いですか?
テレビや新聞で、よく○○会社社員がスカートの中の盗撮をして逮捕などの記事がでますが、逮捕されれば、当然会社はクビ。社会的地位のすべてを失います。

 

ほんのできごころだとしても、結果は同じ。
流れとしては、厳罰化の方向ですので、初犯だからといって、不起訴なんてことはありえません。

 

それでもあなたは盗撮しますか?
性的満足の代償としては、リスクが高すぎると思いませんか?

 

女風呂がどうしても見たい、トイレも覗きたい、パンチラも見たい・・・
そんなあなたの欲望を、安全に、何の罪にも問われることなく満たす方法があるのです。

 

次は、その方法を説明します。

 

 

                                         続きを読む